ドイツ代表のチームエンブレムの紹介


ドイツ代表のサッカーは世界の一番いいと言われても大丈夫です。2014年のワールドカップにはドイツ代表はチャンピオンになっていました。

今日はそのチームエンブレムをご紹介したいです。

ドイツのエンブレムは雄叫びをあげてガッツポーズをしているような鷹が中心に位置しています。

『権威』の象徴であり軍旗に使用され続けたモチーフです。

そのため、ドイツ代表チームの愛称も軍隊や兵士を意味する「Mannschaft(マンシャフト)」と呼ばれています。

また、鷹のモチーフは統一ドイツの国章にも採用され、新しいドイツを象徴するデザインとなっています。

そして、協会章はドイツサッカー協会を意味する「Deutscher Fussball-Bund」の頭文字D・F・Bを合わせたものです。

下部の三色は国旗のカラーになっているブラック、レッド、イエローです。

このデザインは50年以上前に考案されたものだが、実際に使用されるようになったのは2002年からである。

上部分の星は四つあり、それはドイツ代表が優勝4回を代表しています。ドイツ代表の誇りです。

おすすめブログ

ドイツ代表の注目選手-メスト・エジル

バイエルン州メミンゲン出身のサッカー選手。

ドイツ代表7-0大勝サンマリノ

連覇を狙う2014年FIFAワールドカップ王者・ドイツ代表が、

ドイツ代表の注目選手-メスト・エジル

バイエルン州メミンゲン出身のサッカー選手。

ドイツ代表のチームエンブレムの紹介

ドイツ代表のサッカーは世界の一番いいと言われても大丈夫です。

Copyright © 2017;